ホイールは今すぐ腹を切って死ぬべき

人気記事ランキング

ホーム > 家を建てる > 納得した家に住みたいなら注文住宅は価値がある。

納得した家に住みたいなら注文住宅は価値がある。

私が初めてのマイホームを購入したときは,偶然ですが,注文住宅でした。更地を買って,設計の段階から設計士とともに間取りを考えていくのですが,

 

それがメリットもあればデメリットもありました。

 

まず,メリットとしては自分たちの思い通りに間取りを作ることができ,一生に一度くらいしか購入しないマイホームを自分たちで作り上げたという達成感は相当ありますし,マイホームへの愛着も相当出ると思います。

 

 

ただデメリットとしては,いくら私たちの思いを設計士に伝えても,所詮私たちは建築に関しては素人なため,設計上の制限,例えば延べ床面積の上限や柱,壁の耐震構造の問題,採光や風通しなど,私たちの提案がすべて通るわけではなく,希望と妥協に苦しみながら設計を考えたことです。

 

また,注文住宅というだけあって,基本スペックでは普通の材質や設備であり,そこから材質のランクアップや床暖房などの設備を付け加えたりしていくと,通常の建売住宅よりも少し割高にはなってしまします。

 

でも,実際に注文住宅に住んでみて,自分たちで一から建てたんだという達成感はありますし,自分たちで設計したのだから,この間取りは少し使いにくかったなあとか,もう少し設備を充実したほうがよかったかなあと思っても,夫婦ふたりで納得して建てたのだから仕方ない。と諦めもつきます。

 

一生の買い物と考えたら,少し割高になったり,時間や労力もかかるけど,注文住宅は価値があると思います。

東宝ホームの口コミ・評判は良いの?